屋根リフォームのタイミング

屋根リフォームのタイミング

雨漏りしてからは手遅れ

屋根リフォームのタイミング

屋根は雨風や紫外線などから休む間もなく住まいを守る重要な箇所です。しかし、普段から屋根のことを気にしている人は少ないと思います。新築から何年も経過していても、屋根はメンテナンスなどもなくそのままというご家庭もあるかもしれません。

「まだ雨漏りしていないから大丈夫」そう考えていると危険です。
雨漏りはトラブルが起きる前後で大きな違いがあります。

実は雨漏りしているということは、屋根や下地の劣化がかなり進んでいる場合が多く、そのまま劣化が進めば構造体も傷んでいきます。つまり、屋根が劣化するほどリフォームする際の修繕箇所も多くなり、費用も増えていきます。

したがって、ひと口に屋根のリフォームといっても、屋根の状態や屋根材の種類によって施工が異なっていきます。
雨漏りなどのトラブルを予防するための定期メンテナンスから、耐用年数を過ぎた屋根の葺き替えまで、屋根のリフォームやメンテナンスには様々なものがあります。

屋根リフォームの方法

屋根リフォームの方法

屋根の状態や経過年数に応じて、おおまかに次の方法に別れます。

部品の交換・傷んだ箇所の補修工事

適切なサイクルで点検を行い、屋根の傷んでいる箇所やサビが出ていたりする部分に交換や補修をします。
スレート屋根を留めている棟板金の交換、瓦屋根を接着しているしっくいの詰め直し、ヒビが入ったり、割れたりした屋根材の交換などが挙げられます。

塗装工事

スレート屋根や金属屋根(ガルバリウム)の耐久性を維持するために行う塗り替え工事。
およそ10年(金属屋根はグレードにより異なる)が1つの目安になりますが、屋根の色あせが確認できたり、撥水性が低下していたら工事の目安です。

屋根材の破損が少なく、下地が劣化していないことが前提ですが、屋根を高圧洗浄した後にサビ止めを行い、塗料を2~3度重ね塗りします。使用する塗料によっては、遮熱・断熱に特化したものなど様々な効果があります。

カバー工法(重ね葺き)

塗替えでは十分な回復が見込めないときに、耐用年数が過ぎた既存の屋根の上に防水処理を施し、新しい屋根をかぶせる工事です。下地の劣化がないことが前提ですが、軽いスレート屋根やガルバリウムに向いています。

古い屋根の撤去や廃材処理の必要がないので、通常の葺き替え工事よりも短い工期で、費用も抑えられます。

耐用年数の目安は人工スレート:20~25年、金属屋根(ガルバリウム鋼板):40年。

葺き替え工事

屋根材だけでなく、防水シートや下地まで劣化した屋根の全面リフォーム。
古くなった屋根を解体・撤去して、屋根材、防水シート、下地から新調します。屋根のリフォームとしては最も大がかりな工事ですが、耐震性の向上や将来的なことを考えるとメリットも多くあります。

定期的な点検とメンテンナス

屋根の状態によって、対応する工事も異なり、専門的な知識も必要となります。つまり、手遅れになる前に大切なのが、定期的な点検とメンテナンスです。

台風などの災害があった際には点検をこころがけ、屋根の状態に合わせた補修やメンテナンスをしていきましょう。

無料お見積り・お問合わせはこちら

お見積り無料。お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:084-963-2072
  • お気軽にお問い合わせください! 電話番号:084-963-2072
  • 無料お見積り・お問合わせ