台風による屋根のトラブルなら森崎窯業福山瓦センターへ

大きな被害をもたらす災害の代表格「台風」

瓦(屋根)は、台風による強い風に煽られ、飛散したり、
風と一緒に吹き込んだ雨が屋根の中まで入り、雨漏りをしたという例がたくさんあります。

屋根ごと飛ばされるような例は別にしても、
瓦が飛散しないように、「事前対策」が必要です。

強風に対してこの瓦はどのような工夫がされているか、という瓦選びが1つのポイントです。
次に、瓦の葺き方ですが、
各地域の気候風土に合った工法に違いがあります。

森崎窯業福山瓦センターは、地元福山で35年の屋根の専門家です。
周辺地域(福山・尾道・笠岡・井原・倉敷)で「台風対策」「瓦が飛散しないような事前対策」なら、
この道35年の屋根の専門家、森崎窯業福山瓦センターへお気軽にご相談下さい。

  • お気軽にお問い合わせください! 電話番号:084-963-2072
  • 無料お見積り・お問合わせ